幼児教室

隠れた英語教育のパイオニア!【くもんの英語】特徴・評判・費用

更新日:

"ABC"

英語を習わせるなら良質の教材と実績のある英語教室におまかせしたいと思われているご家庭は多いのでは?たくさんの英語教材、幼児向けの英語教室がある中で、迷ってしまいますよね。そんなご家庭には長年の実績がある、公文がおすすめです。公文の英語は幼児から通うことができます。そこで今回は、公文の英語の特徴、評判、費用についてまとめてみました。

【幼児英語教室】くもんの英語の特徴は?

年少から通える「くもんの英語」の特徴はEペンシルです。

このEペンシルはネイティブの発音が収録されており、イラストと一緒に発音にいつでも触れられるように工夫されています。

 

幼児では歌を歌ったり、発音をEペンシルで確認したりなど、英語に親しむ、楽しむが中心になります。

小学生になると読み書きなども加わり、中学校英語の基礎作りへと進んでいきます。

 

週2回の教室学習と課題プリントで、その子にあったちょうどいい教材から無理なくステップアップしていけるようになっているので、初めて英語を習う幼児でも安心して始めることができます。

 

公文はプリント学習でもくもくとプリントに取り組むというイメージがありますが、特に幼児の英語に関しては、それだけではなく発音も大事にしています。

宿題分の教材の音読をきちんと行い、Eペンシルで発音を聞いた後に、自分でも声にだしてみるということもあるので、そこは安心ですね。

子供と「learning ABC is fun」の文字

 

【幼児英語教室】くもんの英語の評判は?

それでは実際にくもんの英語に取り組んでいるご家庭の声を聞いてみましょう。

 

  • 「発音の勉強も文法の勉強もできます。英検対策の勉強も追加料金なしにやって頂けます。」
  • 「子供が5歳になったと同時に公文式の英語に通わせました。とにかく毎日ひたすらプリントをこなさないといけないので(1日10枚)嫌でも単語を覚えます。CDを聞きながらするので、ヒアリング力もそれなりに着いたようです。」

 

発音も文法も勉強できるので、他の幼児向けの英語教室とは少し違っています。

発音も文法も、英検指導もやってくれるのでお得感はありますね。

 

悪い評判も見てみましょう。

 

  • 「基本的にはCDです。最近はEペンシルを使ったりなど機械的になった部分が多くなってきています。」
  • 「甘い先生だとどんどん進んでしまう。」

 

公文の教室はフランチャイズなので、その教室によってばらつきがあるようです。

それをカバーするためにEペンシル、CDなど機械に頼ってしまう部分が大きいのでしょう。

きちんと教室の先生を見極めて、自分の子にあった先生を見つけるのが成功の鍵といえます。

考える女性

 

【幼児英語教室】くもんの英語の費用は?

公文の英語は、幼児・小学生は月6,480円です。

また、英語の場合は、専用リスニング機器「Eペンシル」6,480円(税込)も購入する必要があります。

 

ただ、これで発音、リスニング、文法、英検対策も込みになりますので、他の幼児英語教室に比べるとお得感はありますね。

親指を立てている女性

 

【幼児英語教室】くもんの英語は幼児からお得に始められる英語教室

公文の教室は全国にあり、教室数も多いので通いやすいですね。

月謝もお得なので手軽に通える英語教室です。

ただし、フランチャイズのため先生の相性は重要になってきます。

 

幼児・小学生向けの英語教室としては、実績のある英語教室でスタートさせたいというご家庭に向いているのが、このくもんの英語です。

体験もあるので、ぜひためしてみてはいかがでしょうか。

 

コドモブースター

公式サイトを見る

-幼児教室

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.