幼児教材

1日10分でOK!低学年から始めたい「ドラゼミ」の特徴とは

投稿日:

勉強する子供

学校で習っている教育内容が、親世代の時と違うと感じる保護者の方が多いのではないでしょうか。

教育は日々変化しており、親世代の時とは違う内容や+αの内容を現代の子供たちは学習しています。

また、2020年には学習指導要領が10年ぶりに改訂されることになっており、今後の大学入試制度が大きく変わることが予想されます。

 

そこでおすすめするのが、「ドラゼミ」です。

今回は、ドラゼミの特徴や学習の流れについてご紹介いたします。

 

 

改定後の大学入試に対応しているドラゼミの特徴

2020年の学習指導要領の改訂では、従来の大学入試と異なる「思考力」「判断力」「表現力」を強化した試験に変化すると言われています。

 

そこでドラゼミでは、漢字や計算・読解などの基礎問題に加え、表現力を伸ばす作文や図形の活用問題を+αとして出題することで、前述した「思考力」「判断力」「表現力」の3つの基礎を着実に身につけることができるのです。

 

低学年からドラゼミを始めたい理由

ドラゼミは小学校1年生から始めることができますが、前述している3つの基礎を着実に身につけるためには、この小学校1年生からドラゼミを始めることが重要です。

その理由は、小学校の学習の仕方にあります。

 

小学校の学習は低学年で「基礎」を学び、高学年になるにつれ学んだ基礎を生かした活用力を学習していきます。

そのため、低学年のうちに基礎をしっかり固めておく必要があるのです。

勉強する子供

 

1日10分のドラゼミ学習の流れ

ドラゼミはご家庭に教材が届き、家庭で学習を行います。

1日約10分の学習量なので、子供がストレスを感じることなく取り組めるため、学習習慣をしっかりと身につけることができます。

 

また、教材の添削テストを提出することで、後日個別担任による採点結果が郵送されてきます。

この個別担任からの添削では、子供の気持ちに寄り添うかたちでコメントが記載されており、丁寧な質の高いアドバイスを受けることができます。

継続的に子供の学習内容をチェックしてくれるので、努力した部分を的確に評価し、子供のやる気を伸ばす添削が可能です。

 

ドラゼミのやる気が続くポイント

大人と同じように、子供も頑張った後のごほうびがないとなかなかやる気が続きません。

そこでドラゼミでは、前述した添削テストを提出することで「ドラゼミシール」を配布し、シールが貯まったらドラえもんグッズを始めとする様々な賞品と交換することができます。

また、教材と一緒に配布される「学習カレンダー」には、学習した日にシールを貼るようになっており、子供のやる気を続かせることができます。

 

まずは1週間無料お試し

「良いな」と思っても、子供に合った学習なのか分からないので試しにくいですよね。

そこでドラゼミでは、1週間無料で通信添削学習を試すことができます。

気になった方は、まずはドラゼミの1週間無料お試しを利用してみてはいかがでしょうか。

-幼児教材

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.