イベント 英語

【節分】を英語で楽しもう♪親子で使える英単語・フレーズ集

投稿日:

節分の豆を食べる男の子

節分は子どもにとって、きっと、とてもインパクトの強い行事なのでしょうね。節分行事に欠かすことのできない「鬼」は怖い存在であり、でも、気になるし見てみたくなる存在。鬼に向かって豆をまく習わしも、節分の楽しみの一つです。とても日本の風情漂う節分行事ですが、英語を使って節分をもっと楽しんでみませんか?節分にまつわる簡単な英語をお知らせします。

【節分の英単語&フレーズ①】節分を英語で言うと?

節分を子どもに説明することは日本語でも少々難しいですよね。

まずは、簡単な日本語でどう説明できるのか考えてみましょう。

 

立春を前にして迎える節分は、字のごとく「季節の分かれ目」という意味があります。

翌日からは、暦の上では「春」を迎えることから、季節が変わることを伝えるのが節分なのです。

 

ですので、節分は「(暦の上では)冬最後の日」ということになりますね。

節分を英語で表現すると、「the last day of winter」となります。

 

「春が来る♪」を伝えると子どもに伝わりやすいですよ。

 

「暦の上では、節分の次の日(立春)から春だよ」といっても、子どもにとっては実感するわけでもなく、やっぱりぴんと来ないものです。

立春とは言っても、まだ寒い真っただ中の2月。春が近づいていることを伝えると、子どもも理解しやすいです。

 

Spring is coming up soon.」 (春はもうすぐやって来るよ

節分に伝えたいのは季節の変化のこと。この短い英文で十分伝わります。

「節分」

 

 

【節分の英単語&フレーズ②】英語で「鬼」を説明すると?

やはり、「鬼」は節分に欠かすことができないキーマンです。

鬼は想像上の生き物であるけれど、節分行事や絵本などを通して子ども達にもなじみがあることから、英語での表現も知らせていきたいものです。

 

devilと言い換えることができるでしょう。

しかし、実在するわけではない想像上の生き物であるので、a devil-like creature from Japanese folklore (日本の伝説に伝わる悪魔のような生き物)がより詳しく「」を表します。

鬼は怖いイメージが強いので、小さい子どもには特に、実在しないことを伝えておきたいものです。

 

でも、やっぱり楽しい豆まき。

「鬼はそと~。福はうち~。」と厄除けをして節分を楽しみたいですよね。

鬼は外、福は内」についてはいろいろな英語表現がありますが、子どもに分かりやすく簡単な表現としては、「Devils out, happiness in!」がストレートで楽しみやすいでしょう。

 

節分に豆まきをする男の子

 

 

【節分の英単語&フレーズ③】恵方巻は、Ehou-maki SUSHI ROLL

SUSHIは日本文化として、世界中で人気のフィンガーフードです。

節分に食べる恵方巻もしっかり節分行事として浸透し、日本の文化となってきましたね。

 

SUSHIとして世界で知られているのは、一般的に巻きずしのこと。

SUSHI ROLL巻き寿司)として握り寿司と区別する場合もあります。

節分をきっかけに「巻きずしSUSHI ROLL」を覚えておくのもいいですね。

 

節分の恵方巻を食べる子供

 

 

【節分の英単語&フレーズ】まとめ

子どもにとって理解するのが難しい節分ですが、「鬼」「春」「恵方巻き」など子どもが身近に感じるもので、節分を英語でも楽しめます。

文章を教えようとしたり、なじみの少ないものごとを英語で教えたりすると、「英語って難しい」って感じてしまうものです。

まずは簡単な単語から取り入れていき、節分などの楽しい行事の中でも英語に親しめる環境をつくってあげるといいですね。

-イベント, 英語

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.