幼児教室

合格実績に惑わされない!お受験向け教室選びの方法とは?

投稿日:

必勝祈願のだるま

いざ、お受験しよう!と考えた時、まずはお教室選びに悩まれる方が多いかと思います。お受験教室のチラシ、パンフレットで一番目立つのは、ズバリ、「合格実績」。どこもりっぱな数字をだしてアピールしていますよね。でも、この合格実績だけに頼るお教室選びは後悔するかもしれません。今回は「合格実績に惑わされないお受験向け教室選びの方法」を皆様にご紹介します!

実際の合格者数よりも多い「合格実績数」のカラクリは?

みなさん、複数のお教室のパンフレット、チラシを見て下さい。

各お教室の合格者の数を足すと、その学校の合格者を大きく上まわりませんか?

 

例えば、ある私立小学校の実際の合格者が100名だとします。

 

  • A教室の合格者実績 80名
  • B教室の合格者実績 100名
  • C教室の合格者実績 150名

 

A、B、Cのお教室の合格者すべて足すと330名。

合格者100名の学校に対してお教室の合格実績が3.3倍もいる計算になります。

どうしてこういうことになるのでしょうか?

考える女性

 

一人の子が複数のお教室の合格実績にカウントされている

これが一番多い理由かもしれません。

例えば、普段はA教室に通っている子が模試だけB教室を受講、夏期講習だけC教室を受講。

その子が合格すると、その子の合格実績はA、B、Cすべてにカウントされてしまいます。

 

よく、合格した後に模試しか受けなかったお教室から「どこの学校に合格されましたか?」と電話がかかってくることがあります。

それって、合格実績に加えるためだったりします。

ひらめく女の子

 

複数年の合計数でカウントされている

1年間だけの実績ではなく、数年の実績を合算して数字をだしている場合もあります。

 

1次試験のみの合格者でも合格実績に加えている

学校によっては、1次、2次と試験があり、1次試験に合格した子が2次に進めるという試験方法をとる学校もあります。

国立小学校は1次が抽選で、それで当たらないとだめとかありますよね?

 

当然、1次に合格しても2次でも合格しないと最終的に入学できないのですが、1次試験にだけ合格して2次試験で落ちた子も合格したとカウントしている場合もあります。

指をさす女の子

 

有名校ばかり合格実績をあげられるカラクリは?

お教室によっては、各有名校に幅広く合格実績があるお教室もあります。

例えば、慶応幼稚舎、早稲田実業、青山学院、学習院など、すべての有名校に合格している実績があるお教室も存在しています。

 

複数年の合計ももちろんありますが、これは単純明快な理由があります。

一人の優秀な子が有名校をたくさん受けて、一人で実績を稼いでいるパターンです。

 

すべての有名校を一人だけが合格しているのです。

もしかしたら他の子は全落ちもありえます。

 

お教室の中には、優秀な子に頼んで志望校ではないけれど実績のために受けてもらう、ということもあるとか。

ひらめく男の子

 

それでは、合格実績に惑わされない教室選びとは?

では、どうしたら合格実績に頼らずに、良いお教室を見つけることができるのでしょうか?

 

ポイントはこちら!

 

  1. 合格実績が通常通っている子だけのものか、複数年の合計ではないか、確認する。
    ※合格実績に小さく注意書きが書いてある場合もあります。
  2. 自分の志望校に毎年合格している子がでている教室を選ぶ。
    ※数よりも、毎年合格者がでているかどうかが大事。
  3. 必ず体験をして、先生との相性を見る。
    ※特に幼稚園、小学校受験は先生との相性が悪いと合格は厳しい。
  4. 志望校の近くの教室に通う。
    ※やはり地元の学校は力を入れて指導するので。
  5. 入会前の説明やチラシ、パンフレットが合格実績だけに終始している教室は避ける。
    ※裏を返せば実績しかアピールがない。実績数はどうとでもなり当てにならない。
  6. 志望校に通われている子の保護者に聞く。
    ※ただし、合格している人は、たとえ悪い教室であっても通っていた教室を良いところだと思い込むこともあるので、そこは注意。
  7. 「うちに入会すれば、絶対合格する」という教室は疑う。
    ※受験に絶対はありません。それを絶対合格するというのはある意味、無責任な発言。そのような教室は避けた方が無難。

親指を立てている女性

 

いかがでしたか?

これを読めば、もう派手な合格実績に惑わされることはありませんよね?

一生に一度の大事なお受験、お子さんを安心して預けられるお教室を選びましょう。

-幼児教室

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.