家庭教育

ひどいイヤイヤ期に効果大!保育士が実践するオススメ対応法

投稿日:

ふくれっ面の子供

2歳前後に訪れるイヤイヤ期に悩まされるママたちも多いはず。子供のイヤイヤに比例するように、親のイライラも増していくものです。この時期は、子供が成長していく上で避けることのできない大切な過程です。保育士が実践するおすすめの対応法で上手に付き合って乗り越えていきましょう。

イヤイヤ期って何?

なんでもかんでも「イヤー!」なのが、2歳前後にあらわれるイヤイヤ期です。

この年齢になると自我が芽生え始め、自分の思いを主張するようになります。

 

けれど、自分の欲求や要求をうまく言葉で伝えることができないため、「イヤー」となりダダをこねて、自分のフラストレーションを表現するのが、「魔の2歳児」の特徴です。

 

イヤイヤ期は親が悩まされる以上に、子供にとっても、思うようにことが運ばずイライラさせられる要因がたくさん。

 

周りの大人に頼っていた乳児期から、幼児期へ移行する時期であり、心の発達と身体的能力がうまく釣り合わないこともあって、自分でしたいのにできないイライラが生じたり、うまく伝えられないもどかしさにおそわれる、子供にとって試練の時期であるともいえます。

 

第一次反抗期といわれるこの時期は、2歳を過ぎてもしばらく続く子供もいて、かなり個人差があります。

手で顔を覆う子供

 

親のストレスを減らすためには?

子どものイヤイヤにその都度まともに対応していては、ストレスでやられてしまいます。

けれども、イヤイヤ期の子供の特徴を理解することで、かなりストレスを減らすことができます。

 

子供自身、ものごとがうまくいかないこの時期に、多くの葛藤があることを忘れてはいけません。

少々大目に見てあげることも必要ですね。

 

また、言葉も発達して赤ちゃん期を卒業したものの、まだまだ幼い子どもです。

一人の人間として尊重することはもちろん大切ですが、まだ「一人前」ではないので、子供に求めすぎないことが大切です。

 

昨日は出来ていたことでも、今日は出来ない、したくないこともたくさんあります。

期待しすぎて出来ないときにがっくりするより、期待度を下げて「できた!」喜びを味わう方がポジティブに過ごせ、ストレス減につながります。

 

叫ぶ子供

 

保育士が実践するおすすめ対処法

「イヤイヤ期」は子供が成長していく上で大切な過程です。

 

親にとっても子供にとってもイライラすることが増えるこの時期。

ストレスをため込み過ぎず、上手に付き合って乗り越えていきたいですね。

 

保育士が実践するおすすめの対応法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

受け止める

子供が伝えようとしていることを受け止めてあげましょう。

うまく伝わらなくても、「そうだよね」「分かるよ」ということを伝えることで、信頼感がぐんとアップします。

 

クールダウンの時間を与える

かんしゃくを起こしたりすると、どうにも手を付けられないものです。

どうにもならない親の方もイライラ度が増し、両者ヒートアップ!

 

そんな時、お互いのためにも少し時間をおいて、親も子供も、モヤモヤやイライラを自分の中で処理できるようにしましょう。

冷静になる時間が必要です。

 

選択肢を与える

靴をはきたくない、ご飯を食べたくないなど、頻繁に「したくない」状態になることは2歳児特有です。

 

親の都合で「今じゃないとダメ」ときっちりしたスケジュールではなく、イヤイヤ期は特に、時間に柔軟性をもって生活することをお勧めします。

 

靴を履きたくないのなら、少し遊んでから出かけるようにするとか、片足は自分で履くよう見守り片足は履かせてあげるなど、「どうがいい?」と選ばせてあげることで、自分の思いも尊重されていることを感じ、素直に行動できるようになります。

 

ルールは徹底する

子供はダダをこねたりして自分の要求が通るか試そうとします。

一度「例外」をつくると、グスれば思い通りになると学習します。

決めたルールは徹底しましょう。

 

子供を抱っこする母親

 

 

いかがでしたか?

 

誰もが経験する「イヤイヤ期」。

親も子供も大変ですが、自我を形成し成長していく上で通らなくてはいけない道です。

 

イヤイヤ期の子供の特徴を理解すると、対応も楽になります。

わが子の生涯一度きりの第一次反抗期にしっかりと向き合い、成長の喜びを感じる余裕ができるといいですね。

-家庭教育

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.