天才の育て方 家庭教育

【天才の育て方】芦田愛菜は読書好き!頭がよくなる教育法とは?

更新日:

英語の絵本を読む子供

天才子役として一世を風靡した芦田愛菜ちゃん。今後の活躍も期待されていましたが、現在は女子学院中学高等学校へ入学し、学業に専念しています。この女子学院中学高等学校ですが、超難関校と言われており、その偏差値は70とも…!芸能活動で多忙な生活の中、芦田愛菜ちゃんはどのような教育を受けていたのでしょうか?

【天才の育て方】読書好きが芦田愛菜ちゃんの才能を引き出した!?

芦田愛菜ちゃんのご両親の教育方針には、特にこれ!といったものはないそうです。

強いて言うなら、本をたくさん与えたということ。

 

芦田愛菜ちゃんのお父さんは読書家で、小さいころから芦田愛菜ちゃんは本に触れる機会が多かったそうです。

ご両親も気軽に芦田愛菜ちゃんに本を読むようにすすめ、本人も意識せずとも自然に本を読む習慣が身についていたのかもしれません。

 

芦田愛菜ちゃんは、年間で300冊もの本を読んだとも言われています!

そのジャンルも児童向けの小説から本格推理小説、ファンタジー小説、図鑑、伝記などなど…。

ご両親からすすめられる本だけでなく、自分の好きな本を探しに図書館へも足を運んだそうです。

絵本を読む親子

 

【天才の育て方】読書が好きだとどうして頭がよくなるの?

実際に特別な教育をしていないにも関わらず、どうして読書が好きなだけで芦田愛菜ちゃんは頭がよくなったのでしょうか。

本を読むだけなんて…と思われる方も多いかと思いますが、実は読書量と子供の学力には大きな関係があると考えられています。

 

子供の教育には語彙力がまず重要。

単語がスラスラとわかるだけで、教科書の読み込みも早くなりますし、理解力も深まります。

本をよく読む子供とあまり読む習慣がない子供との語彙数を比較すると、なんとその差が5000にもなると言われています。

 

読書量が学力に影響するのは国語だけではありません。

一つの物事を考えるのにも様々な面から考える力が身につくので、結果的に算数や理科など他の科目の成績をあげるサポートもしてくれます。

 

自分の考えを豊富な言葉のストックから選んで口にだすことができるので、人間関係作りも良好なものにしてくれることでしょう。

読書はただ成績をあげるだけでなく、人間としての魅力も磨き上げてくれる非常に重要なものなのです。

本を読む笑顔の子供

 

【天才の育て方】子供を読書好きにさせるには?

では、芦田愛菜ちゃんのように自ら読書をするような子供に育てるにはどのように教育すればいいのでしょうか。

まずは、やはり読書を身近なものにしてあげることがおすすめです。

 

芦田愛菜ちゃんのご両親のように自分が本をたくさん読むようにし、子供にも本に触れる機会をたくさん作ってあげてください。

小さい子供には、絵本の読み聞かせなども効果的です。

 

読書を身近なものにして、自然と本を読む習慣を身につけさせてあげることができれば、芦田愛菜ちゃんのような天才に育ってくれるかもしれません!

-天才の育て方, 家庭教育

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.