幼児教室

テックキッズスクールの魅力!協調性を磨くプログラミング教育とは

更新日:

子供向けプログラミング教室

2020年、小学校の授業でプログラミング教育が必修化されます。これは、現在不足しているIT業界のエンジニアを増やす試みであると共に、グローバル化が進むことで、より論理的な思考が要求されるようになっているからです。

論理的思考力は、小学生のうちから養うことで、思考力だけでなく学力にも大きく影響します。学校教育もさることながら、今、すでに小学生向けのプログラミング教室が活況を呈しています。

他に遅れを取るまい!と、保護者の熱い眼差しが注がれているのは、塾や習い事ではなく、プログラミング教室なのです。

そこで、今回は、日本最大級の小学生向けプログラミングスクール『Tech Kids School』(テックキッズスクール)の取り組みから、小学生向けのプログラミング教室について考えてみたいと思います。



 

全国に展開するTech Kids Schoolとは?

2013年、小学生向けのプログラミング教室の必要性に早くから着目していた、サイバーエージェントの上野 朝大氏らの手によって設立された、この業界では比較的歴史の長い学校です。

AmebaブログやAbemaTVの運営で有名なサイバーエージェント系列で、主要新聞などにもたびたび取り上げられる有名スクール。

東京渋谷・秋葉原・二子玉川・横浜・大阪梅田・沖縄那覇と、東京以西に破竹の勢いで進出し、現在は、全国800名もの小学生を対象にプログラミングスクールを展開しています。

レギュラーの授業の他に、短期的なカリキュラムを豊富に用意する他、トイザらスや、Nintendo Labo、スターバックスなどとコラボした体験会も積極的に実施。

親も楽しめて、子供は授業に熱中できる。そんなスタイルのイベントを豊富に用意していることも最大の特徴です。

Tech Kids School

パソコンを使う子供たち

 

プログラミングだけではない付加価値

そんな、Tech Kids Schoolですが、他のスクールと何が違うのでしょうか?それは、プログラミング技術や論理的思考力の育成だけをターゲットにしていないことです。

東洋経済ONLINEの記事『プログラミングで鍛えられる「仕事力」の本質』によると、プログラミングのスキルが優れていても、決して社会で活躍できるとは限らないとのこと。

つまり、いわゆる「パソコンオタク」に成長しても、仕事で十分な成果が発揮できないばかりか、人生も豊かなものにならないということです。

では、何が必要なのでしょうか?

重要なキーワードは、「創造力」と「コミュニケーション能力」です。

プログラミングのテクニックに加えて、新しいことを想像する力、そして、協調性をもって仕事に取り組める大人へ育成してゆくことが大切です。

Tech Kids Schoolは、この「創造力」と「コミュニケーション能力」を重視。

最大3年間のカリキュラムでは、プログラミングの基礎を学習し、2年目以降で自らのアイデアを実現する力を養います。創造力の学習です。

さらに、4~6人のグループに別れ、コミュニケーションとりながらゴールを目指す協調性を育成することも大切にしています。

また、一般的な塾でありがちな「ついてゆけない」「遅れをとる」、脱落者を防止するために1人1人の進捗にあわせて教えて方を工夫することも忘れません。

最後には生徒全員の前でプレゼンテーションをする。そんな、ビジネスマンとしての基礎を楽しく学べるのがTech Kids Schoolの魅力ではないでしょうか。

Tech Kids School

スーツを着た子供

 

実践的な教育を

最近は、小学生向けのプログラミング教室が都内を中心に増えてきました。

スクールによっては、GUIと呼ばれる、グラフィカルな画面を使い、プログラミングよりも、パズルなどの思考力だけを教育するところもあるようです。

しかし、Tech Kids Schoolはそうではありません。

子供向けの初歩的な学習の他に、SwiftやC#といった、より実践的な学習もカリキュラムに含まれています。スマートフォンアプリやWebアプリケーションのエンジニアを目指すことも可能です。

仕事に直結する技術を習得でき、かつ、子供らしい創造力やコミュニケーション力も大切にする。今、Tech Kids Schoolが注目を浴びる理由なのではないでしょうか。

 

-幼児教室

Copyright© 幼児教育情報ブログ「コア育」 , 2019 All Rights Reserved.